顎のニキビ原因と治し方

顎のニキビのしこり原因〜ホントの治し方

<顎のニキビ・概要>
顎のニキビが出来ると、とても気になりますよね。ちょっとでも触ると痛みが走ったり、ニキビが潰れてしまうこともあります。さらに、顎に大きなしこりのようにボコッとしていることありませんか。顎のニキビのしこりって気になりますよね。どうしてしこりになってしまうのか、さらにどうやって治すのかをまとめてみましょう。

 

まず、顎のニキビのしこりには2種類あります。

 

赤ニキビが悪化し膿が原因でしこりになってしまったパターンと、ニキビの芯が見えない上に赤くもならずただ腫れているパターンです。
後者の場合は、ニキビとして認識していない人も多いかもしれません。

 

この一見ニキビに見えない物も、毛穴の中で皮脂の炎症が起きています。ただ、毛穴の奥底で炎症が起きているため、皮膚表面に芯が見えないのです。ニキビが悪化すると、毛穴の中で膿が溜まったり、赤く腫れたりしてしまいます。

 

そのまま放置していると、皮膚表面がボコッと盛り上がって見えるようになります。

 

顎のニキビのしこりの原因とは、悪化してしまったニキビなのです。

 

顎のニキビは、一度できるとなかなか治らず、毛穴の奥底での炎症が原因の為、皮膚表面からの治療が難しいのです。さらに一度なってしまうと、繰り返しできることも多くいでしょう。早く治したいからといって、自分でニキビを潰してしまうと、ニキビ跡になってしまうので注意が必要です。

 

顎のニキビがなかなか治らないことはわかりましたが、ではどうしたら早く治すことができるのでしょうか。顎のニキビの治し方とは、体の中からのケア以外ありません。皮膚表面からの治療は難しいので、体の中から治していくことが大切になってきます。

 

 

体の中からのケアとして有効なのが、肌のターンオーバーを利用すること。
皮膚の表面は定期的に剥がれ落ち、新しい皮膚組織ができます。

 

このことをターンオーバーと言います。このターンオーバーがしっかりと行われることが大切です。
しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が残ったまま厚くなってしまいます。

 

それがまたニキビの原因になってしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れる原因としては、ホルモンバランスの乱れです。
睡眠不足が続いていたり、食生活が乱れていたりするとこのターンオーバーが正常なサイクルで行われなくなってしまいます。

 

顎のニキビの治し方には根本治療が欠かせません。

 

まずは、ホルモンバラスを整える生活を心掛けましょう。
早く治したい方には肌のターンオーバーを正常に近づけてくれるサプリメントやスキンケア用品を使用してみるのも良いでしょう。